あったらいいな~という商品を考えました、商品化したら儲かる?

あったらいいな~という商品をよく、思いつきます。人よりアイデアはある方だと思ってます。商品化して儲けたいと思うのですが?

TAMA試作ネットワーク コンシェルジュ

A.「あったらいいな~」を「製品仕様」へと仕上げる力によります。

 

「あったらいいな~」の商品が、売れるとは限りません。

いま目の前を見渡してみても、
・汚れないホットプレートがあればいい、
・お豆がもっと取りやすい箸があったらいい、
・冷たいものが冷たいままであるコップがあったらいい・・・
「あったらいい」をあげることは、難しいことではありません。

消費者は、必ず問題を抱えて生きています。
だから「あったらいい」を考えることは簡単なことです。

大事なことは、「あったらいいな」という「着想」を、「製品仕様」へと仕上げる力です。

・同じように、「あったらいいな」と考える人はどの程度いるのか?
・その人達の「あったらいいな」の本質にあるものは何か?
・どのような製品に仕上げると、魅力的になるのか?

研究が必要です。

この研究にどの程度情熱を注げるかで、「製品仕様」の出来栄えが変わってきます。

また、商品のターゲットが広いほど、(つまり、マス向けの商品)、商品力よりも、販売力が必要になります。

万人にとって「あったらいい」商品は、商品企画以上に、販売力が重要です。100円ショップを見ると分かりますね。なんてことのない、特徴のない商品を売るためには、販売力が必要です

販売力はそうそう持てるわけではありませんから、「製品仕様」を考えていく中で「尖った商品」を生み出すために、情熱を注ぐ必要があります。

そのためには、商品の「利用シーン」を明確化することが大切です。

商品企画の質問一覧へ戻る