金型費用は、どのように見積もりを取れば良いですか?

製品設計前に、「参考商品」で金型の費用感を知りたく、見積もりを取りたいと考えています。どのような項目をあげて見積もりを取れば良いでしょうか。

TAMA試作ネットワーク コンシェルジュ

A. 部品点数、サイズ、表面加工、金型数、製造数量、アンダーカットの有無などを指定します。

 

金型費用を複数社に見積もり依頼する場合、見積もり条件に差が出ないようにする必要があります。
そのため、下記のような項目を指定して見積もりを行います。

1)部品点数
部品が何点あるのか

2)寸法
それぞれの部品の寸法

3)表面加工
・表面が光沢仕上げの場合、金型製作時に工数がかかります
・鏡面仕上げは、アルミ簡易金型ではできません
など、金型費に影響しますので、指定します。

4)金型数
・部品点数が2個として、金型は2つとするか、部品共取りで1つとするか
見積もり条件のバラつきを無くすために指定します。

5)製造数量
1ロットの製造数と生涯ロット数の区別がつくように指定します。

6)アンダーカットの有無
・スライド機構が必要な形状が存在するかどうか
金型費に影響しますので、指定します。

TAMA試作ネットワークでは、製品によって得意な金型メーカーに複数社見積もり依頼させていただきます。

update:2015/11/13

加工についての質問一覧へ戻る