量産というと、何個以上のことを言いますか?

量産というと、何個以上のことを言いますか?

TAMA試作ネットワーク コンシェルジュ

A.「量産」という定義に、「数量」は関係ありません。

 

量産というのは、「できあがった製品を第三者が使うことを前提とするもの」であって、「試作品」とは、できあがった物に対する考え方が異なります。5個でも量産という世界があります。

量産効果とは

「過度に量産効果を期待されている」ことがよくあります。1個の試作品を、100個量産したら、1個あたり原価が相当下がるのではないか?という期待です。

量産効果とは、「製造量を増やせば1個当たりの原価が減少する」ということです。
その理由は大きく2つあります。

(1)部品を大量購入することで部品の1個あたり仕入れ値が下がるから。

電気製品の場合、電子部品など購入品が多くありますが、量をまとめて購入することで、1個あたり安く購入できるということです。

(2)製造費用に占める固定費の割合が下がるから。

固定費 30万円
変動費 70万円 
製造原価合計 100万円で、100個製造すると、
1個あたり原価: 100万円÷100個=1万円です。

この体制のまま、200個製造すると、

固定費 30万円
変動費 140万円
製造原価合計 170万円で、200個製造となりますから
1個あたり原価: 170万円÷200個=8,500円です。

量を製造することで、固定費が占める部分が薄くなり、原価が変動費に近づいていくことが「量産効果」です。

世の中にないものを作る商品開発では、開発費用(デザイン、設計、金型費用など)が必ず発生し、固定費の一部として考えられます。
製造原価を下げるためには、

1.開発費をおさえる(自社でできることを活かす形の商品開発)
2.販路を先に考え、ある程度の販売量を見込む活動を行う(クラウドファンディングなど)
3.商品単価をあげ、付加価値のある商品企画として利益率を高める

などが考えられます。

【追記】
2015/2/6 全面改訂

update:2016/2/3

量産についての質問一覧へ戻る