2015/3/5 第3回運営会議

2015年3月5日、第3回運営会議を開催しました。

3/5の運営会議のテーマは「今後のチーム分けについて」

現在、3つの製品企画を推進中ですが、
各班の状況と、今後のチーム分けをどのように行っていくか、話し合いました。

01
この製品開発プロジェクトを始めてから、
さまざまな課題が浮き彫りになっています。

決定権を持つ経営層の人たちで何か一つのことをやるというのは
とても難しいことだと話には聞いていましたが、
そのような難しさではなく、

「製品開発」というこれまで未経験の思考・発想に対する難しさと、
「経営者」という立場を活かせない中でのリーダーシップに関する難しさです。


特に、開発側の仕事をされている方と、
加工の仕事をされている方では、
なかなか話し合っても会話が成り立っておらず、
お互いに四苦八苦されている様子が見えました。

そして、各班を見ていた私は、
現段階で、TAMA試作ネットワーク「製品開発の心得」を覚書しました。

全て、現場を見ていてまとめたことです。
実際にはもっと細かく書いてあるのですが、見出しを書き出すと、下記となります。

●使用する現場をよく観察したか?
●何のために、という目的は共有できているか?
●それを行うことで、お金以外に得られることが、本業に貢献するか?
●やりたい人が、メンバーにいるか?
●競合製品をリサーチしたか?
●その商品(製品)を使うストーリーが描けるか?


何か新しいことに向かいたいとすれば、
気づくキッカケとなる体験、経験を、自ら創り出していくしかない、と
強く感じています。

今回の運営会議では、製品を作るにあたり、
目的とすることは企画力のアピールなのか、技術力のアピールなのか?
などの議論も生まれ、
技術力をアピールしたいという意見が多くありました。

また、夢のある取り組みをするという方向性も
変わらずにあります。

TAMA試作ネットワークの良いところは、
上下関係のない場ですから、みなさん遠慮無く(おそらく)議論できるところだろうと感じました。

最後はとても良い落とし所に落ちまして、
実はわたしはとても感動し、感謝した場でした。

次回、3/17はいよいよ発表会です。
全ては自身の経験として、お互いに、よりよい成長へと向かう糧としていきたいですね。

▼見学歓迎です!
https://www.facebook.com/events/835212096549928/

活動履歴TOPへ