パーソナル3Dプリンター導入支援サービス


3Dプリンターの登場は、これまでものづくりと縁のなかった企業の関心も集め、
その活用方法がさまざま開発されています。

3Dプリンターも数万円から数百万円まで多くの種類がありますが、
気軽に導入するとしたら、パーソナル型と呼ばれる30万円以下の3Dプリンターを導入し、
まずは社内で試してみたいですよね。

sasaki
APISTECでは、そのような企業に向けて、
パーソナル3Dプリンター導入支援サービスを行っています。

まずは企業にお伺いし、
事業形態から、どのような活用方法があるのか、一緒に検討します。世界中に事例がありますので、活用法を一緒に考えましょう。

導入を決められたらパーソナル3Dプリンターを組み立て、納品します。 リーズナブルでありながらハイパフォーマンスを求められるよう、 パーソナル3Dプリンターを、企業のやりたいことにあわせて カスタマイズして納品します。

ATOM 3Dプリンター 3Dプリンターは、出力の設定に知識が必要です。
逆にいうと、知識が不要なタイプのパーソナル3Dプリンターでは、綺麗な出力ができません。

出力の設定について、納品時に研修会を行い、「自社で気軽に3Dプリンターを活用する (しかも安価に)」をサポートします。

3Dプリンター、使ってみたいけど、どのランクのものを購入し、どのように活用したら良いのだろう?と悩んでいる企業さま、ご相談ください。

パーソナル3Dプリンターでも、ここまでできます。



紹介企業

APISTECは3Dプリンター導入支援と3Dプリンターの出力サービス、インストラクターを行っています。特に企業における3Dプリンター活用事例を多く持っています。

[ 事例TOPへ戻る ]