プラ金型(樹脂金型)

プラ金型(プラスチック金型)とは、プラスチックを素材にした射出成形または圧縮成形に用いられる金型です。射出成形では熱可塑性樹脂、圧縮成形では熱硬化性樹脂が素材になります。


金型の種類

射出成形に用いられるプラ金型はアルミを使用した簡易金型、鉄を使用した本金型などがあり、製作方法も各社それぞれに工夫があります。生産個数や価格の問題から、金型の作り方も変わってきます。

2プレート金型 一対の金型のうち一方が可動部に、もう一方が固定されている構造になっています。3プレート金型に比べると余分な加工物がでません。
3プレート金型 固定されている金型と可動部についている金型の間にストリッパープレートと呼ばれるものをはさんだ構造をしています。複数の加工物を同時に加工する際に用いられる金型です。


TAMA試作ネットワークTSUBASA対応領域

試作・小ロット向けアルミ金型

・アルミを使用し、試作金型を製作(ダイレクトに金型を削り出します)
・当社独自のカセット式にすることで、段取り替えをスピードアップ
・置き駒の設計により、形状変更にスピード対応(アンダーカットを含む複雑な形状も置き駒で対応できる、金型の小型化が可能、置き駒の変更で形状変更に対応できる等のメリットがあります)


TAMA試作ネットワークTSUBASAの技術



「プラ金型(樹脂金型)」の企業紹介

株式会社デイテク
【試作・小ロット向け】アルミ金型&プラスチック成形


試作のお問い合わせ

他の対応領域を見る

工業デザインデータ作成機械設計電気設計部品設計試作品加工板金加工機械加工放電加工研削加工電気基板電気部品機械部品バネ検査組立溶接・接着プラスチック加工金属プレスプラ金型(樹脂金型)プレス金型治具設計・製造塗装メッキ熱処理研磨構造解析