構造解析

構造解析では、シミュレーションを用いて構造物に荷重が作用した場合の各部の応力や変形を解析します。
つまり、構造物や製品に想定される負荷をかけたときに、過度な変形や破損を生じないかを調べることができます。
構造解析では、有限要素法という解析手法が多く用いられます。これは、構造物や製品を”単純形状の要素の集合体”として表現し、実材の挙動を再現するものです。


構造解析の対象となる構造物

●輸送機器・・・自動車、飛行機、船舶など
●生産設備・・・工場、プラント、工作機械など
●大量生産品・・・電気製品など


構造解析の目的

強度検証 設計や開発の段階で、部品やシステムの強度をあらかじめ検証することができます。
設計根拠の明確化 危険部位の状態を、構造解析で評価できます。
破壊原因の追求 破壊が起きた時に、何が原因で破壊が起きたのかを推定することができます。
開発工数の削減 試作品や実際に作ってから試験を行うと、設計と試験・評価を何度も繰り返すことになります。解析で代替することによりその手間が省け、開発スピードが向上します。

TAMA試作ネットワークTSUBASAの技術



「構造解析」の企業紹介

合同会社 YSコーポレーション


試作のお問い合わせ

他の対応領域を見る

工業デザインデータ作成機械設計電気設計部品設計試作品加工板金加工機械加工放電加工研削加工電気基板電気部品機械部品バネ検査組立溶接・接着プラスチック加工金属プレスプラ金型(樹脂金型)プレス金型治具設計・製造塗装メッキ熱処理研磨構造解析