溶接・接着

溶接は、複数個の材料の一部に熱または圧力を加え、必要に応じて溶加材(溶接中に付加される金属材料)を加えて材料を接合する加工方法です。
その原理や用いられる材料によって非常に多くの種類があります。溶接は大きく融接、圧接、ろう接の3つに分けられます。

融接

複数個の材料の溶接する部分のみを加熱、または溶接する部分と溶加材の両方を加熱し接合します。機械的圧力は加えません。

アーク溶接 空気中の放電現象を利用して同じ金属同士を接合します。
ガス溶接 可燃性のガスを燃焼させる際の熱を利用して金属同士を接合します。
電子ビーム溶接 真空中で発生させた電子を高電圧で加速して金属に衝突させ、そのときに発生する熱を利用して金属同士を接合します。
抵抗溶接 金属材料に電流を流したときに発生する熱を利用し、圧力をかけながら金属同士を接合します。

圧接

接合部に機械的圧力を加えることで材料を接合します。

摩擦圧接 複数の金属材料に圧力を加えながら接触させ、相対的に運動させることで摩擦熱を発生させて接合します。
鍛接 金属を高温に加熱した状態で圧力を加えて接合します。
拡散接合 金属材料を密着させて、材料の融点以下の温度条件で形が変わらないように圧力をかけ、その接合面に生じる原子の拡散を利用して接合します。

ろう接

材料を溶かすことなく、材料よりも低い融点をもつ溶加材を用いて材料を接合します。

TAMA試作ネットワークは、東京多摩・埼玉・神奈川TAMAエリアの町工場ネットワークです。 お互いの得意分野を連携し、多面的なご提案をいたします。

TAMA試作ネットワークTSUBASAの技術



「溶接・接着」の企業紹介

株式会社ヤマテック(拡散接合) / 株式会社ナガセ(アルゴン溶接、Tig溶接、YAGレーザー溶接、電気溶接)


試作のお問い合わせ

他の対応領域を見る

工業デザインデータ作成機械設計電気設計部品設計試作品加工板金加工機械加工放電加工研削加工電気基板電気部品機械部品バネ検査組立溶接・接着プラスチック加工金属プレスプラ金型(樹脂金型)プレス金型治具設計・製造塗装メッキ熱処理研磨構造解析