研削加工

研削加工は高速回転する砥石を用いて金属材料を削る加工方法です。
砥石表面の細かく硬い粒子によって高精度な加工が可能であり、切削加工に比べて速く加工ができます。この粒子の一つ一つが刃として作用するところが、切削加工との違いです。

砥石表面が磨耗すると、金属材料との研削抵抗が増加し破砕することで新しい刃ができるため、砥石を研ぎなおす必要がありません。
超硬、鉄鋼材料(ハイス鋼、ダイス鋼、炭素鋼など)、非鉄金属(銅、アルミなど)、ガラス、石英、石材、プラスチックなどあらゆる素材に対応できます。

<研削加工の種類>

研削には大きく分けて自由研削と機械研削の2つがあります。
自由研削 研削盤に加工物を押し当てて加工する、あるいは手に持った研削盤を加工物にあてて加工します。
機械研削 械研削盤を使用し、精度の高い加工を行います。

<研削加工で用いられる工作機械>
・自由研削
ポータブルグラインダ 砥石が先端に取り付けられたグラインダ。バリ取りや仕上げに用いられます。
スインググラインダ グラインダをスライドさせて加工物のセキや押湯部を高速で取り除きます。
卓上グラインダ 機械に固定させた砥石を回転させ、加工物を押し当てて加工します。
切断機 加工物を固定し、砥石を動かすことで加工物を切断します。

・機械研削
円筒研削盤 円筒形の加工物を固定し、砥石をあてて動かすことでその外周を加工します。
平面研削盤 加工物の平面を研削します。円筒形の砥石の側面で研削する方法と円筒面で研削する方法があります。
内面研削盤 円筒形の加工物を固定し、砥石をあてて動かすことで内面や穴を加工します。
心なし研削盤 加工物を固定せずに研削加工を行います。量産品に使用される研削盤です。

TAMA試作ネットワークは、東京多摩・埼玉・神奈川TAMAエリアの町工場ネットワークです。 お互いの得意分野を連携し、多面的なご提案をいたします。

TAMA試作ネットワークTSUBASAの技術



「研削加工」の企業紹介

 


試作のお問い合わせ

他の対応領域を見る

工業デザインデータ作成機械設計電気設計部品設計試作品加工板金加工機械加工放電加工研削加工電気基板電気部品機械部品バネ検査組立溶接・接着プラスチック加工金属プレスプラ金型(樹脂金型)プレス金型治具設計・製造塗装メッキ熱処理研磨構造解析