TAMA試作ネット対応領域

プラ金型(樹脂金型)

金型製作 プラ金型(プラスチック金型)とは、プラスチックを素材にした射出成形または圧縮成形に用いられる金型です。射出成形では熱可塑性樹脂、圧縮成形では熱硬化性樹脂が素材になります。 金型の種類 射出成形に用いられるプラ金型はアルミを使用した簡易金型、鉄を使用した本金型などがあり、製作方法も各社それぞれに工夫があります。生...

プレス金型

金型製作 プレス金型はプレス加工の際に用いられる金型です。 プレス加工とは? プレス加工では、プレス機械に一対の金型を取り付け、その間に加工物をはさんで力を加えることで加工します。加工方法にはせん断、曲げ、絞りがあります。 せん断 加工物の一部分に力を加えて穴あけ・切り抜きを行います。 曲げ 加工物に...

治具設計・製造

設計 治具とは、加工や組み立ての際に加工物を固定し、部品や工具などの制御・案内をするために用いる器具です。 主に機械加工や溶接に用いられ、治具によって加工が容易になり作業効率が向上します。 出来上がった加工物の寸法や品質をチェックする検査治具・測定治具や溶接の際に加工物を固定するための溶接治具など、治具に...

塗装

表面処理 塗装とは、材料の表面を塗料で覆うことです。その主な目的は材料の保護、装飾(高意匠性)、機能性を持たせることです。塗装方法にも塗料にも多種多様な種類があります。 塗装方法の種類 静電塗装 塗料と材料を帯電させ、静電気の力で塗装します。塗料のロスが少なく、細かいところまで塗ることができます...

メッキ

表面処理 めっきは、金属などの材料の表面を金属の薄い膜で覆う表面処理のことをいいます。めっきの目的には、腐食しやすい金属を腐食しにくい金属で覆って保護することや、表面に高級感を出すことなどがあります。 めっきの種類 電気めっき めっきとして付けたい金属を、電解液中で電気化学的に析出させる方法です。さまざ...

熱処理

表面処理 熱処理とは、加工物を熱し、その後冷却する熱操作のことです。 この熱し、冷却する過程で加工物(主に鋼)を柔らかく、あるいは硬くといったように性質を変化させることができます。ここでは鋼の熱処理について説明します。 熱処理の種類 1.一般熱処理 焼入れ 変態点(結晶構造が突然変わる温度)以上...

研磨

表面処理 研磨は、ある材料の表面をそれより固い物質の角や表面を使ってこすることにより、表面を削ってなめらかにしていく作業のことです。 研磨で使われる加工機械 電動サンダー 紙やすりを回転させることで加工物の研磨を行います。紙やすりの動き方によりいくつかの種類があります。 サンドブラスター 加...