クラウドファンディングの前に(3)商品開発の資金シミュレーション

TAMA試作ネットワーク、コンシェルジュの小野です。
最近まで苦しんでいた商品開発(数の多い樹脂製品の場合)の「投資計画」についての考えが、
やっと少しまとまりましたので、ご提供します。

投資計画というのは、
「いくらかけて、何個作って、いくらで売って、いくら儲かるのか?」
ということを考えるということです。


まずは、モックアップを作りましょう

150922-07

最初の一歩は、モックアップを何らかの方法で作ることです。これから先、概算の見積もりを取ろうと思っても、何も判断するものがなければ、概算といっても、出てきません。また、モックもなければ、相手は「実現性」に疑問を持ち、相手にしてもらえない可能性もあります。

3Dプリンターとか、材料をカットして接着するとか、市販品を組み合わせるなどで、他人にみてもらうものを作ります。

この段階は、自分で行うことが望ましいです。
ここから依頼をしていると、資金的にキリがありませんし、素材や構造に対する知識も持てません。
Fablab(ファブラボ)やDMM.make AKIBAなど、自分で機械をいじることのできる場所は、たくさんあります。


イニシャルコストの計算

初期投資となる「イニシャルコスト」の見積もりを取ります。
イニシャルコストに含まれるのは、デザイン、設計、試作、金型製作、初回ロットの製造費です。ここまでは、物が売れても売れなくてもかかる費用であり、「初期投資」となります。

投資計画

  • 設計、試作の見積もりをとります。
  • 金型については、設計しないと見積もりがでないことが多いため、部品点数と大きさから概算を出します。(部品点数そのものも、設計しないと出ないわけですが、ここでは構想レベルで行います)
  • 初回ロットを何個作るか考え、成形費を見積もります。ここも、設計しないと難しいので、「モックアップをそのまま作るとしたら?」と質問して見積もりを教えてくれる成形屋さんを探します。
  • 開発費の合計と、初回ロットの成形費の合計を、イニシャルコストと捉えます。

初回ロットは、なぜ「イニシャルコスト」なのか?
初回ロットの段階で利益を出すことは難しいからです。開発費の全てを、初回ロットから回収しようと思うと、相当な数を作らないといけなくなります。初回ロットは「イニシャルコスト」扱いにしておく方が、「少ない数を製造し、まず販売してみる」という考えが採用しやすと思います。


ランニングコストの計算

初回ロットを販売したら、量産に入っていきます。そのための、ランニングコストの見積もりを取ります。

投資計画

  • 5,000個とか10,000個などで見積もりをとります。ここでも設計がないと難しいため、モックアップと同じものを作るとしたら?という質問で、見積もりを教えていただきます。かなり幅のある数字であると認識していれば、問題ありません。プロジェクトを進めていく中で、数字が見えてきたら書き換え、計画を調整して運用していきます。


何個くらいつくれば採算に乗りそうか?の計算

製造数と、そのときの「1個あたり原価」を計算します。

投資計画

  • 適当な見積もりを確定させるためには、「設計」「デザイン」は必要なことです。その試作費がどの程度になるのか、合計します。
  • ここでは初回ロットで100個作る予定です。その時の1個あたり原価は45,200円です。これは、開発費を100個で割り算して、1個あたり成形費に乗せるため、高くなります。でも実際は売値は3,000円程度を予定しているため、「100個しか売れなかったら完全にマイナス」ということが見えてきます。
  • 初回ロット以降の、量産個数でも計算します。樹脂製品というと、「たくさん作った方が安い」というイメージが強いものですが、実際のところ、1個あたり製造原価に占めるのは、ある程度の数までは「開発費の配賦」の方が大きくなります。開発費というのは、「何を作るか」で決まり、「何個つくるか」はあまり影響しない費用だという理解が必要です。
  • 1個あたり製造原価が、予定している売値に対して、許容できそうな個数を見つけます。今回は、3,000円程度で売りたいため、原価が1,300円代になる5,000個が最低ロットだと分かります。


全体像のシミュレーション

上記で、最低5,000個くらいは作って売らないといけないことが分かりましたので、
5,000個の場合でシミュレーションを行います。

投資計画

2つの売上方程式があります。それをつなげることで、全体のバランスをシミュレーションします。

(1)製造から見た売上方程式

売上=(開発費+製造原価)×値入率

※値入率とは、原価に対してどの程度利益を乗せるかという割合です。

(2)販売から見た売上方程式

売上=客数×客単価×販売年数

※販売年数とは、その商品を何年くらい売れるかというプロダクトライフサイクルの考えです。

主に検討するのは、下記の項目についてです。
これらは単一の概念で存在するのではなく、どこかを変えるとどこかが変わります。販売戦略も踏まえて、どのポジションで商品開発を行っていくのか、考えることに役立ちます。

売値(客単価) 売値は、一番重要な要素です。対象者を絞り、より特定の人にとって価値あるものを作ると、売値をあげることができます。売値をあげると、販売個数(製造個数)は減少することが許されるようになります。
販売年数 商品には、必ず寿命があります。プロダクトライフサイクルといいます。この商品を、何年程度で売らないといけないのかを考えます。スピードの速い業界ですと、1年も経つと全く状況が変わったりします。
値入率 製造原価と売値が決まれば、値入率が決まります。値入率は商品によっても異なります。値入によってできたマージンの中から、営業経費が捻出されます。ここが少ないと、営業力に欠けることにもつながります。
客数 製造個数と販売年数がイメージできると、客数目標が出てきます。実際の自社の営業体制を考えて、それだけの客数を獲得することはできるのか?という風に考えます。具体的に販売先候補をリストアップして、販売先ごとに販売個数を積み上げてみることも大切です。

これらシミュレーションを行うと、見えてくることがあります。
スモールスタートアップの場合、「開発費をいかに速く回収するか」がとても大事だということです。
そうしないと、いつまで経っても利益がでません。

開発費を速く回収するためには、
1.開発費を減らす(自分でできることを増やす) 
2.金型を使わないものから取り組む
3.特定の顧客に対して、より大きな価値を提供し、単価をあげられる商品をつくる
4.スピード感のある細かいフェーズ分けを行い、販売して現金を得られるようなステップを考える


などがあります。
量産、汎用的というジャンルは、最も難しいところです。
しかし、「それでもやりたい」という方は、想いと情熱があれば、ご相談ください。
コンシェルジュにお問い合わせいただければ、一緒にシミュレーションします。

試作品開発から中量、量産までサポートいたします

TAMA試作ネットワーク

TAMA試作ネットワークでは、試作品製作から、中量、量産までスムーズにいくようにご提案いたします。
プロダクトデザイン、回路設計、基板設計、金属加工、樹脂加工、塗装、解析など様々な角度からご提案いたします。お気軽にご相談ください。



クラウドファンディング 関連情報

150428-5

クラウドファンディングに試作品を掲載する前に!

クラウドファンディングに試作品を掲載する前に、試作と少量生産、量産について考えてみましょう。
150526-02

クラウドファンディングの前に(2) 商品企画で揃ってはいけない3要素

物を売るという観点から、こんな商品企画は要注意!を考えてみます。
01

クラウドファンディングの前に(3)商品開発の資金シミュレーション

「いくらかけて、何個作って、いくらで売って、いくら儲かるのか?」を考えてみましょう。

[ サービス紹介TOPへ > クラウドファンディング・サポートTOPへ ]