試作製作・3Dプリンター出力

TAMA試作ネットワークでは、「設計開発グループ」が、試作から量産までをサポートいたします。
試作」の目的はさまざまです。まず、「その試作を使って何をしたいですか?」という問いかけから始め、製品開発全体フローの中での、試作の目的を共有します。

試作の目的

プロセス 事前検討 原理試作 設計試作 生産試作 量産試作
目的 見積・情報収集 原理の確認 動作、機能の確認 性能確認 量産する方法での性能確認
要求レベル 工場に見積を取れるレベルの仕様書 主に電気を使用する商品の場合、原理だけを確認する試作 仲間内で評価できるレベルのプロトタイプ モニターやクラウドファンディングを行う テストマーケティングを行う


製品開発の流れ

ご相談内容に応じて、エンジニアまたはコンシェルジュがお打ち合わせを行い、お見積りをご提示します。 量産までの主な流れは、下記となります。/クリックで拡大 (量産を伴わない試作もお気軽にご相談ください。)


製品開発の流れ
プロジェクトマネジメント

製品開発の成功のためには、技術レベルと管理レベル、双方の力が必要となります。
管理レベルとは、情報セキュリティ、顧客へのヒアリングや意見調整力、スケジュール管理、品質管理、ドキュメント類の整備など、「技術力」以外のソフトな部分です。
設計グループのメンバーがプロジェクトマネジメントを行い、試作から量産をサポートします。


試作品製作

真空注型、光造形、樹脂切削、石膏など、さまざまな手法で、試作品を製作します。

真空プラスチックモデル
真空プラスチックモデル(シリコン型による精密転写技術)
真空メタルモデル
真空メタルモデル(真空注形を応用した精密鍛造技術)
ラピッドプロトタイピング
ラピッドプロトタイピング(ABS樹脂)
光造形
紫外線硬化樹脂を用いた光造形と、ウレタン樹脂複製品
3次元モデル
3次元モデル
FDM造形機
FDM造形機で造形

【お問い合わせ方法】
総合窓口」へお問い合わせください。

試作のお問い合わせ

[ サービス紹介TOPへ ]