雑貨の商品化について

トップページ フォーラム Q&A 雑貨の商品化について

このトピックには 1 返信 、 1 ボイス が含まれます。 最終更新 by  小野 4 年, 6 月 前.

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 著者
    投稿
  • #4703

    佐藤

    考えた雑貨を商品化したいと思います。
    イラストがありますので、
    安く製造できる方法を教えていただきたいです。
    クラウドファンディングを使って資金を集める予定です。

    • このトピックは編集されました 4 年, 6 月 前 by  ono.
    #4707

    小野

    アイデアが生まれた段階の構想は、「リアリティ」を深めていく必要があります。
    ものづくりを外注するためには、そのリアリティがありませんと、作ることができないケースが多くあります。

    ●リアリティとは

    製品の重さ、質感、寸法、使いやすさなど、イラストには表れない情報です。
    リアリティを深めることで、アイデアの種が芽を出していきます。

    ●リアリティを深めるためには

    1.「結局、この商品で何をしたいのか?」を自己に問いかけ、深めます。
    困った課題を解決するためのモノ、新しい価値を世の中に生み出すモノなど、製品にもさまざまな役割が考えられます。この製品を作ることで何をしたいのか?を考えます。

    2.商品を使う前後の流れから考えてみます。
    誰が、なぜ使うのか、どう使うのか、使ったあとどうするのか。人とモノとの関わりの一連の流れを考えてみると、製品の位置づけが見えてきます。

    3.実際に作って、使ってみます。
    きちんとした試作ではなくても、ダンボールや紙粘土の工作を作ってみて、使うことで得られる情報はたくさんあります。これらの情報は、説得力ある商品企画を作りあげるための材料となります。

    実際のものづくりの際には、大きさや重さなど、全てが数値化されませんと、設計を行うことができません。

    数値化に必要な情報を、集めてリアリティを深めていただくと、商品企画もブラッシュアップされ、クラウドファンディングの成功確率も高まると思います。

    • この返信は4 年, 6 月 前に  ono さんが編集しました。
    • この返信は4 年, 6 月 前に  ono さんが編集しました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

トピック「雑貨の商品化について」への新規返信追加は締め切られています。