軸対称の加工なら!手絞り+機械で「へら絞り」

へら絞り へら絞りは、回転する金属の板材をヘラ棒によって金型に押し付け、少しずつ必要とされる形に成形加工する技術です。ろくろで陶器をつくるのと似ています。 板状素材を回転させながら加工するスピニング加工や、板厚を一定にしながら変形させる絞り加工の一種です。

へら絞りは、古くは金属製の器や食器、洗面器、現代ではパラボラアンテナ、反射板などが代表的な製品です。 プレス加工に比べて「立ち上がりが速い」「型が一つで良い」というメリットがあり、へら絞り でしかできない加工もあります。

へら絞りの流れ(一例)

へら絞りの流れ

へら絞りによるソリューション

へら絞りは「軸対称の製品であれば加工ができる」ことでよく知られていますが、株式会社ナガセでは「へら絞りでしかできないこと」により、他加工よりもメリットを打ち出す提案が得意です。

へら絞りによる紐だし加工
波形や、強度を出すための紐だし加工をへら絞りのみで実現します。
カシメ
無垢の金属を削りだすのではなく積層することで軽量化。端を金属を折り返したカシメでとめます。
へら絞りで壺形状
型が取り出せないような形状を、割型を使用して実現します。
へら絞りで溶接位置のコントロール
板金+溶接では難しい、溶接位置を角以外にすることが可能です。


へら絞りは金属プレスと比較して、多品種少量生産を実現します

軸対称の製品であれば、金属プレスと比較して多くのメリットがあります。 株式会社ナガセではへら絞りの他、板金、プレス、3次元レーザー、溶接、バフ研磨、組立を社内で一貫して行っておりますので複合的なご提案が可能です。

へら絞り プレス加工
型代 雄型のみで安価 雄型、雌型の両方が必要
形状 軸対称の製品のみ さまざまな形状が可能
多品種少量対応 立ち上がりが速く、多品種少量に対応 量産が基本


へら絞り対応範囲

対応可能素材 SUS、鉄、真鍮、チタンなど
板厚   手絞り 自動機
SUS ~4mm ~8mm
~8mm ~12mm
アルミ ~10mm ~20mm
対応ロット 1個~
サイズ 最大 φ2800mm程度

へら絞り製品事例

試作のお問い合わせ

[ 要素技術TOPへ ]