電子機器の開発

TAMA電気試作ネットワーク 電子機器の開発・設計・製造の分野にも、多くの専門分野があり、それぞれの専門企業があります。
TAMA試作ネットワークでは、電子機器開発についても広くネットワークを持ち、トータルな目線で商品開発をバックアップ。 WiFiやBluetoothでスマートフォンと連携するIoT関連製品の開発もお任せください。

電子機器の開発

電子機器の開発、設計、製造

回路設計、基板設計、基板実装・組み立て、筐体作成、ソフトウェア作成をトータルコーディネート、電気を必要とする製品開発をサポートします。

電気は目に見えるものではありませんから、多くの人にとっては理解が難しいものです。 そのことがコミュニケーションギャップを生み、「作りたいものと違った」ということのないように、対話を重要視しています。

  • 電子機器の開発、設計、製造
  • 制御盤、操作盤の設計
  • マイコンのプラグラミング
  • シーケンサ(プログラマブルコントローラ)のプログラミング など、ご相談ください。


電子機器の開発フロー

電気設計の流れ

お問い合わせいただきましたら、打ち合わせを行います。作りたい製品の目的、目的を実現するための機能についてディスカッションし、仕様を固めます。仕様に基づき、試作前に機能モデルという「機能の確認ができるモデル」を製作します。機能確認後、試作へと進みます。

電気設計~製造は下記のような業務フローで行われます。電気の種類や製品の種類に応じて、各社得意分野があります。TAMA電気試作ネットワークでは、製作する商品に応じて、コーディネートします。

特に、回路設計と基板実装をバランスよく検討しないと、部品を実装できない、または非常にコストがかかる基板になるなどの問題が生じます。

1.回路設計

部品選定 目的の動きを実現するための部品選定
(耐熱、部品形状、部品供給方法などを検討)
回路設計 選定したその部品が動くように回路設計
部品表 回路設計を行いながら、部品表を作成(原価計算も行う)
ネットリスト作成 どことどこをつなげるかのネットリストを作成

2.基板設計(アートワーク)

基板設計 信号の流れに沿って部品をレイアウト(基板設計が基板の大きさにも影響)
基板製造用データ作成 基板製造業者に渡すためのガーバーデータ作成(ガーバーデータ:プリント基板(PCB)産業用ソフトウェアで多用されるファイルフォーマット形式)

3.基板実装・組立(EMS)

部品実装(半田付け) 量やリピート性に応じて、手付け実装かリフロー実装を選択
基板組立 プリント基板の組立
プログラム書込 プログラムを書込み、動作を確認
検査・デバッグ 検査を行い、調整・デバッグを行う

4.基板実装以外

ハーネス設計 ワイヤーハーネス(ユニットやプリント基板の間を結んで電力や信号を伝えるケーブル)の設計
ハーネス製作 ワイヤーハーネスを製作
組立図・筐体設計 筐体設計を行い、組立図を作成
筐体製作 筐体設計(金属や樹脂など、TAMA試作ネットワーク加工業と連携)
全体組立・調整 組み立て、調整、デバッグを行う
ソフトウェア仕様作成 ソフトウェア(ファームウェア)仕様、PAD、状態遷移、フローチャートなどを作成
ソフトウェアコーディング ソフトウェアをコーディング


電子機器の開発実績

  • 小型~中型の健康・医療機器の試作
  • アミューズメント機器・玩具等の電装部試作
  • オフィス向け照明制御システムのテスト機器の製作
  • 小型機械装置の制御コントローラの設計・製作
  • 7セグメントを用いた芸術品の、主制御基板の設計・量産

電気製品の場合、PSE、技適、第三者認証、RoHS、UL、CE、CSA、電気工事士、電験、無線技術士、医療機器、計量法など、多くの規定が関係してきます。そもそも取扱えない物や製造できない場合もありますので、あわせてご相談ください。


【お問い合わせ方法】
総合窓口」へお問い合わせください。

試作のお問い合わせ

[ 要素技術TOPへ ]